チェア > スツール > シューメーカー チェア:monoHAUS by keyplace】モノハウス - 9a60b

2018-12-05

ワーナー シューメーカーチェア No42/SH39cm WERNER SHOEMAKER Chair /




シューメーカーチェアに使用される材料は一つずつ職人たちの目と手によって仕上げられ、無垢材特有である一つ一つが異なる美しい木目が現れます。
三本の脚の間には、T字に貫(ぬき)が入ることにより頑丈な作りになり、使用する際の足置きにもなります。
シンプルで無駄がなく、デンマークの伝統が息づく洗練されたデザインです。

古くは牧場で乳搾り用の作業用に使われていました。靴職人が使い始めて以来、時を経てシューメーカーチェア(靴職人のスツール) と呼ばれるようになりました。座面の特徴的な形は、靴職人が毎日の作業で同じ位置に座ることによりできた窪みだと言われています。この窪みがフィットして 独特のやさしい座り心地を生み出しているのです。





商品には、1脚1脚に焼印が施してあります。 最大の特徴のやわらかな丸みを帯びた座面。おしりの形にフィットし、座り心地を高めます。 このスツールは無塗装のため、お客様ご自身の手で仕様を変えていただけます。
(ソープフィニッシュ塗装剤をオススメします。)



Color Model

染色追加料金
No.27/42/49/59 12,000円(税抜価格)
No.69 12,5000円(税抜価格)




デンマークで愛される伝統のスツール

玄関スツール、キッチンのワークチェアや、リビングルーム等場所を選ばずどんなシーンにも活躍します。
画像はNo27&キッズテーブル
(天板は取り外し可能)
画像はNo42
リビングルームでも活躍します。
画像はNo49
急な来客にも対応できる便利なスツールとして
画像はNo49
デスク用のワークチェアとしても
画像はNo59
キッチンでのワークチェアとしてもお使い頂けます。
画像はNo69
ダイニングルームでの活用。




【お取り寄せ商品】
カラー:   
約2週間
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法